2013年7月15日。暑い日が続きますね。今日は仕事もサッカーのコーチも休みという年に数回の貴重な日です。

近所のガーデニング屋さんに向かいました。そこは八王子の「グリーンギャラリーガーデンズ」とういお店。看板や外観はオシャレな感じなので高そうなイメージ。あんまりだったらカインズホームに行こうと決めてました。

green gallery GARDENS green gallery GARDENS

ところが、、入ってみると外観からは想像もつかないような光景が飛び込んできて驚きの連発。

デカい新潟産の錦鯉がうじゃうじゃお出迎え。少し入ると本格的な観賞魚がズラーと並んでいます。タナゴの種類もたくさん。タナゴの産卵用の貝も売っています。水槽イジり用の道具もすごい数。植物の種類も凄い。

そんな本格的なガーデニング屋さんで自分が買うのは「ミニトマトの種と土」。

育て方を聞こうと思った、がちょっと恥ずかしい。駐車場に戻りスマホで調べることにしました。

調べてみると案外大変そう。しかも種まきの時期は3月~4月となっている。今7月。遅すぎる。

ちょっとめんどくさいので店の人に聞いてみることにしました。担当の方が種と土しか買わない自分に凄く解りやすく丁寧に教えてくれました。カインズに行っていたらアルバイトの子に「時期じゃないから無理」と言われてたかもしれませんね。

その丁寧なプロによると、

「3月や4月は気温も低く安定していないのでやり方が大変なんです」と。「今の時期ならプランターに土を入れて種を5,6粒づつ2か所くらいにまけばすぐ芽が出て、元気のいいの以外を間引きしてやれば9月10月にはいい感じになると思いますよ」

それだけですか?と唖然。

ネットで調べた難しい感じが今の時期なら要らないと。

種と土を買って帰り、早速ベランダでミニトマト(プチトマト)の種まきです。

花と野菜の土 ミニトマトの種

買ってきた土とミニトマトの種

プランターに土を入れる

プランターに土を入れて

ミニトマトの種

種が結構入っていたので少し多めに蒔いちゃいました。

ミニトマトの種を蒔く ミニトマトのプランター

お店の方に教えてもらったのは

  1. プランターに土を入れる。
  2. 1ヶ所に5、6粒まとめて蒔く。
  3. 芽が出たら1つ残して間引く。
  4. 土が乾いたら水。
  5. 1本の苗に14リットルの土。
  6. 1年に1回土を換える。

※3月や4月はいろいろ面倒だが、7月の今ならこれで大丈夫らしい。

これで毎日の楽しみが増えました。
早く芽が出ないかな~


ご訪問ありがとうございました。にほんブログ村 花ブログ プランター菜園へ にほんブログ村 花ブログ 園芸初心者へ